ラクリエ求人|「Google for Jobs」はなぜ生まれたのか…?

〜Web求人を進化させる必要性〜

現在、多くの国で人材不足が問題となっています。
言うまでもなく各企業とも人材不足が大きな問題となっている日本でも、「Google for Jobs」のサービスが始動しました。
《「Google for Jobs」の基礎知識》はこちら
「Google for Jobs」誕生の理由の1つに、こうした社会現象としての雇用問題があったことは間違いありませんが、それだけではありません。
ここでは、「Google for Jobs」が生まれた背景を考察します。

 

求人業界永遠の課題…それは”すれ違い”の回避

まずは「Google for Jobs」登場前の、インターネットにおける求職・求人活動について思い出してみましょう。多くの求職者は、「マイナビ」や「リクナビ」といった求人情報サイトにユーザー登録し、そこで求人情報を検索していました。求人情報サイトでは、登録された求職者の情報や本人の希望を元に、適した求人を紹介するサービスを行なっています。
この両者の関係性は長年にわたり不動のものでしたが、実は1つ永遠の課題を抱えています。それは求職者と求人企業とが出会う機会の損失…つまり”すれ違い”を少しでも回避するということです。
求職者は、世に数多あるすべての求人メディアを毎日毎日チェックするわけにはいきません。一方で企業側も、すべての求人メディアに求人情報を掲出しつづけることはできません。ゆえに求職者と企業との出会いには、「求職者がたまたま見た求人メディアに、その企業の求人情報がたまたま掲載されていた」という”二重の偶然”が必要なのです。本来、できることなら求職者は日本中の求人情報にアクセスし、最も自分に適した企業に就職したいと考えていますし、企業は日本中の求職者を知り、自社に最適な人材を獲得したいと考えています。そんな両者の思惑に反し、結局、出会いは”偶然”という非効率に頼らざるを得ません。当たり前の事とはいえ、いつも最高の雇用を提供したい求人業界にとって、これは大きな悩みのタネです。
ここに一石を投じたのが「Indeed」のサービスでした。「Indeed」は多くの求人情報サイトと連携し、「Indeed」で検索すれば複数の求人情報サイトの情報に一度にアクセスできる仕組みを作り上げました。企業が単独で「Indeed」に求人広告を掲出することも可能です。これにより”すれ違い”はかなり軽減され、「Indeed」は世界で月間2億人のユニークビジターを誇る、最大の求人サービスとなりました。
「Indeed」の解説はこちら

 

全世界で最も重要な検索の1つが求人情報

「Google for Jobs」も「Indeed」と同じ思想の下に構築されたサービスだと言えます。すなわち求職者と企業とのすれ違いの回避を、「Google」という巨大なデータベースを利用して実現しようというものです。そんなサービスが構築された目的には、「Google」という検索サイトが本来持つポリシーが大きく関係しています。「Google」は利用するすべての人に、より多くの、より最適化された検索結果を提供することを究極的な目標としており、「Google for Jobs」の持つ機能はまさにそれを体現しているのです。
また前述のように、「Indeed」だけを見ても月間2億人もの人々が求人情報にアクセスしています。「Indeed」を利用せずに求職している人も含めれば、世界中のインターネット利用者の中でもかなりの割合が求職に興味を持っていることは明白です。かつての「Google」は彼らに対して特段の対応をとってはいませんでしたが、ここへ来て動き出した「Google for Jobs」はあらゆるネット求職者を統べ、求人業界全体をコントロールするほどの影響力を持つ可能性があります。
「Indeed」のプレジデントはアメリカでの「Google for Jobs」のリリースに際し、「Googleは、求人の検索があらゆる人々の生活の中で最も重要な検索の1つであることに気付いた」とコメントしました。「Google」がそのポリシーを貫くという意味でも、巨大な求人業界において影響力を獲得するという意味でも、このコメントこそ「Google for Jobs」がこの世に誕生した理由をたった一言でまとめたものと言えるでしょう。

 

必然から生まれた…だから利用される

つまるところ、求職者のニーズはより多くの求人情報を知ることであり、企業のニーズは自社の情報をより多くの人に見てもらうことです。
「Google for Jobs」搭載後の「Google」で、検索窓に職種、勤務地、希望条件などを入力すれば、その条件にマッチした求人情報を探し出し、企業ごとにソートして表示してくれます。求職者はユーザー登録することなく利用でき、企業は無料で自社ホームページを検索にヒットさせることができます。
誰でも使える利便性と情報量、そして企業にとってのハードルの低さも備えた「Google for Jobs」は今、どの求人サービスよりも両者のニーズを忠実に叶える存在となっています。おそらく今後さらなるアップデートを繰り返して、求職者と企業の望む形に進化していくことでしょう。加えて「Google」での情報検索がすでにほとんどのインターネットユーザーの間で日常となっていることを考えれば、近い将来「Google for Jobs」がインターネット求職のスタンダードとなることは間違いありません。
長い間求人業界が抱えていた機会損失の課題を高い次元でクリアしようとする「Google for Jobs」の誕生は、時代が求めた必然であり、だからこそ求職・求人を意識する多くの人に利用されることになるでしょう。

こうして生まれた「Google for Jobs」に対し、日本の企業に求められるのは”スピード”です。求職者は明日にでも「Google for Jobs」を使いこなすのではないでしょうか。その時、検索結果に求人情報が掲載されるか・されないかは、人材不足の日本において企業の死活問題となりかねません。あらゆる企業が今、「Google for Jobs」を上手に利用し、雇用機会の損失を回避することを迫られているのです。

コラム一覧へ戻る