ラクリエ求人|「Google for Jobs」が中小企業にもたらすチャンス

〜パワーバランスに変動あり!〜

世界中の求人業界から注目と期待をもって迎えられた「Google for Jobs」。
《「Google for Jobs」の基礎知識》はこちら
すでに多くの人が、そのパワーや影響について語っています。
それらを傍観しながら「我が社のような小さな企業には無関係な話」と見限ってしまうのは早計です。
あらゆる企業にメリットを与え、むしろ中小企業こそ注目すべきサービスである「Google for Jobs」がもたらすチャンスについてまとめました。

 

大企業と中小企業のフラットな人材獲得競争

「Google」の新たな検索サービス「Google for Jobs」には、無料で簡単に自社の求人情報を表示させることができます。自社のホームページを持つ企業なら、低いハードルでその恩恵にあずかることができるのです。つまり万人に開かれたサービスである「Google for Jobs」は、数十のグループ会社を持つ巨大企業も、地元住民に愛される個人経営の商店も、分け隔てなく利用することができます。
既存の求人情報サイトでは、大企業や有名企業の求人情報はサイトにとっての目玉商品であるため、特集コーナーなどでプッシュされがちです。一方、基本的には検索にひっかかった求人情報をユーザーのパーソナリティに合わせて表示させる仕組みの「Google for Jobs」では、大企業であるか中小企業であるかは重要なソート基準ではありません。中小企業も、大企業と同じ土俵で勝負することができます。自由な社風、風通しの良さ、成長性など、中小企業ならではの魅力を積極的にアピールし、優秀な人材の獲得に挑戦できるのです。

 

地方の中小企業も有効な求人が可能

もう1つ、「Google for Jobs」には中小企業に有利に働く可能性を持つ機能があります。それは求職者の居住地を確認し、近隣の企業を紹介するものです。求職者は自宅からオフィスまでの距離を選択肢の中から指定し、情報をフィルタリングすることができます。そうして表示される企業情報には、自宅からの所要時間や交通手段の提案が含まれます。既存の求人情報サイトの中にも駅名や地域で企業情報をフィルタリングするような機能を持つものは多々ありますが、ここまで現実的な通勤のイメージを提示してくれるサービスはないでしょう。まさに「Google」が保有する膨大な情報量の賜物です。
駅名や都市名でなく、自宅からの距離でフィルタリングできる機能は、地元で働くことを推奨する機能であるという見方もできます。”働き方改革””ワークライフバランス”といった言葉が取りざたされる昨今の日本において通勤時間の短縮は求職者の大きな関心事となっており、そんな現状に寄り添った機能と言えるのではないでしょうか。これにより大都市に拠点を置く企業ばかりでなく、地方の中小企業も求職者の選択肢に入ることができます。自宅近隣の企業で働く社員は、定着率も高いと言われます。近隣就職という武器を上手く使って、求職者も企業も満足できる最高の結果を生み出したいものです。

 

費用面でも中小に可能性が

「Google for Jobs」は、ユーザーの求職活動を常に記録しています。どんな職種に興味があり、どの程度の収入を希望しているのか…等のデータを分析し、それらに適した情報を選別して伝える機能を持っています。メール配信機能もその1つで、ユーザーの希望に沿うことが見込まれる求人情報が掲載された際、自動的にメールでプッシュ通知してくれるのです。
検索サイト「Google」を母体とする「Google for Jobs」は、将来的に既存の求人情報サイトよりも多くの人が利用する可能性があります。求職者が面倒な手続きを経ることなく受け取ることができるこのメールの利用者も、かなりの人数になることでしょう。
そんな優れたメール送信サービスに関しても、企業は無料で利用することができます。かつて同等のサービスを利用しようとした場合、企業側にはどれほどの費用や手間がかかっていたでしょうか。
このメール配信に限らず「Google for Jobs」のあらゆるサービスはどんな企業も無料で利用できます。巨費を投じて求人プロモーションを展開する大企業だけでなく、中小企業も等しく多数のGoogleユーザーに求人情報を伝えることができるのです。
また今まで人材獲得にかけていた経費を、「Google for Jobs」の上手な利用で大幅に削減することができます。削減した経費を他の有用な項目に回し、企業としてさらなる成長を目指せるという点も、中小企業にとって大きなメリットではないでしょうか。

こうして「Google for Jobs」を利用した人材獲得競争は、大小様々な企業が入り乱れるさながら戦国時代のような様相を呈してくるでしょう。その中で中小企業はどのように大企業と戦っていくのか…。今、熟慮すべき大きなテーマです。
1つ言えることは、既存の枠にとらわれた求人はもう必要ないということです。「Google for Jobs」では各企業の自社ホームページ内の求人ページが優先的に表示されます。自社の求人ページはその企業の”庭”であり、好きなことが、スムーズにできる場です。かつて求人情報サイトに提供していたような、決まった書式に則った平坦な求人情報ではなく、企業が強調したい自社独自の魅力を自由な表現方法で求職者に伝えることができるのです。
ならばあらゆる企業は今こそ、自社の社会的役割、ポリシー、職場環境、長所・短所など、”我が社とはどんな会社なのか”を改めて見直すタイミングでもあるのではないでしょうか。

コラム一覧へ戻る