ラクリエ求人|新型コロナウイルスによる採用市場への影響 〜Indeedの採用市場レポートから見る〜

〜Indeedの採用市場レポートから見る〜

 前代未聞のコロナ禍により全国的に緊急事態宣言が発令されてから1ヶ月以上が経ちました。新型コロナウイルスによる被害は甚大で、飲食店や観光業を中心として様々な業界に影響を及ぼしており、経営が悪化する企業も増えています。
 経営状態が悪化する中、多くの企業が採用活動を行っている場合ではない状況に陥っていることは想像に難くありません。それでは実際新型コロナウイルスは採用市場にどれほど影響を与えたのでしょうか。

数年ぶりの有効求人倍率の低下

 事実として近年売り手市場で求職者優位の採用市場が続いていましたが、
新型コロナウイルスの影響で有効求人倍率が3年半ぶりに1.32倍に低下※しました。
※下記URL参照
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200529/k10012449471000.html

 しかし、この有効求人倍率というのは厚生労働省がハローワークでの求人数・求職者数をもとに算出したもので、就職雑誌やネットなどハローワーク以外で募集される転職・新卒者の求人は反映されていません。
 そこで月間3000万アクセス数を誇る日本最大の求人媒体「Indeed」が現在無料で公開している採用市場レポート※を利用して、実際、新型コロナウイルスの影響がどれくらい採用市場に及んでいるか徹底的に調査してみました。

※採用市場レポートを確認するには、Indeedで無料の企業アカウントを作成する必要があります。

採用市場レポートから見る、新型コロナウイルスの影響

それでは、まずリモートワークなどでの対応が可能なため影響が比較的軽微であると予測される営業職やシステムエンジニアそして、経理や人事といった事務・オフィスワークの採用市場にどのような影響があったかを見ていきます。


【2019年11月 営業】
全国  求人:52,267件 求職者数:307,168人 求人1件当たりの求職者数:5.9人

【2020年5月 営業】
全国  求人:49,323(-2,944)件 求職者数285,413 (-21,755)人 求人1件当たりの求職者数:5.8(-0.1)人


【2019年11月 システムエンジニア】
全国  求人:16,913件 求職者数:48,194人 求人1件当たりの求職者数:2.8人

【2020年5月 システムエンジニア】
全国  求人:16,199(-561)件 求職者数:53,531(+5,337)人 求人1件当たりの求職者数:3.3(+0.5)人


【2019年11月 事務・オフィスワーク】
全国  求人: 565,908件 求職者数: 2,502,875人 求人1件当たりの求職者数:4.4人

【2020年5月 事務・オフィスワーク】
全国  求人: 300,347 (-265,561)件 求職者数: 2,278,087 (-224,788)人 求人1件当たりの求職者数:7.6 (+3.2)人


 営業職は企業によってはWEB会議などで遠隔からでも行えるとはいえ、対面での営業活動がほとんどできなくなった影響は無視できず、求人数・求職者数ともに減少しています。
 一方、ほとんどの業務をリモートで行うことができるシステムエンジニアの求人数減少幅は元々の母数が少ないとはいえ営業職より小さい変動にとどまっており、求職者数はむしろ増加しています。
 意外だったのは事務・オフィスワーク職の変動幅です。テレワークで仕事を行うことも可能な仕事だと思われますが、コロナ禍以前の11月と比べて求人数が46%も減少しており、業種・職種を問わず市場全体に多大な影響を与えていることが分かります。
 今度は新型コロナウイルスにより甚大な影響を受けた業種を見ていきます。
特に営業停止要請を受けた小売店やカラオケ店などの店舗型ビジネスと飲食店、そして外出自粛などの影響を受けた旅行業種等の採用市場はどういう風に変動をしたのでしょうか。


【2019年11月 店舗スタッフ】
全国  求人:120,135件 求職者数:714,405人 求人1件当たりの求職者数:5.9人

【2020年5月 店舗スタッフ】
全国  求人: 65,514 (-54,621)件 求職者数: 620,450 (-93,955)人 求人1件当たりの求職者数:9.5(+3.6) 人


【2019年11月 飲食店スタッフ】
全国  求人:68,402件 求職者数:286,305人 求人1件当たりの求職者数:4.2人

【2020年5月 飲食店スタッフ】
全国  求人:32,712(-35,690)件 求職者数: 266,356 (-19,949)人 求人1件当たりの求職者数:8.1(+3.9) 人


【2019年11月 ホテル・旅行】
全国  求人:86,230件 求職者数:700,979人 求人1件当たりの求職者数:8.1人

【2020年5月 ホテル・旅行】
全国  求人:, 32,443 (-53,787)件 求職者数: 463,349 (-237,630)人 求人1件当たりの求職者数:14(+5.9) 人


 上記を見ると営業職やシステムエンジニアとは異なり、すべての職種で求人数・求職者数がガクリと減っています。この減少幅を見ると営業の停止要請に伴い、多くの企業が求人の掲載を取り止めたことがわかります。しかし、ここで求人1件当たりの求職者数の項目に着目してください。求人1件当たりの求職者数とは言葉の通り、求人1件につき求職者がどれくらいいるか、すなわち求人の需要の高さを表した数値となりますが、この数値がすべての職種で増加しています。
これは事務・オフィスワーク職でも同様の現象が見られました。つまり、企業が求人掲載を取り止めたために、あぶれた多くの求職者が採用市場に浮遊している状態にあります。そのため現在も求人を出す体力のある企業にとってみれば、以前よりさらに採用しやすい状況になっていることが分かり、千載一遇のチャンスでもあるのです。

低コストから始める採用活動

多くの企業が採用を取り止めた今だからこそ、求人を出すチャンスだというのは上記でも述べたとおりですが、そうはいっても多くの企業が採用にお金を回す余裕すらないことも事実です。
 そんな今だからこそ、オウンドメディアリクルーティング(以後OMR)を始めるのはいかがでしょうか。OMRとは、企業が自社のホームページを活用して行なう採用活動のことです。
当然のことながら広告費は一切かかりません。
 ナレッジスイート株式会社ではOMRに最適な誰でも簡単に採用ページを作成できるツール『ラクリエ求人』を提供しています。『ラクリエ求人』で作成した求人ページは、「Googleしごと検索 」「Indeed」といった無料で掲載できる求人情報検索サービスからの検索にも対応しており、コストをかけずに求職者に訴求することも可能です。
多くの企業が苦境に喘ぐ今だからこそ、OMRでできることから始めてみてはいかがでしょうか。

《関連記事》

ラクリエ求人とは


自社求人の時代が来た!「オウンドメディアリクルーティング」を知る 〜次世代求人の最大キーワードに注目〜


Indeed検索アルゴリズムの基本的攻略法 〜運用するなら知っておきたい大前提〜


応募増加をめざすIndeed原稿改善方法 〜Indeed以外にも使えるWeb求人原稿テクニック〜


コラム一覧へ戻る