ラクリエ求人|オウンドメディアリクルーティングをすぐに始めるべき理由  〜早い者勝ちの理由はこれだけある〜

〜早い者勝ちの理由はこれだけある〜

当コラムで多くの利点をご紹介しているオウンドメディアリクルーティングですが、まだ導入に踏み切れない企業も多くあることでしょう。
今回は、オウンドメディアリクルーティングを「今、すぐに」始めるべき理由を案内してまいります。求人の手法は時代とともに変わります。今まさに動こうとしている時代に、いち早く対応しましょう。

「また今度…」はもったいない

 オウンドメディアリクルーティングとは、自社サイトを使った求人活動のことです。もちろん、多くの企業はすでに自社サイトをお持ちで、その中に求人情報を掲載している割合はかなり高いでしょう。それも1つのオウンドメディアリクルーティングではありますが、当コラムでご紹介しているオウンドメディアリクルーティングはもう1歩踏み込んだ施策で、それ単体で強い訴求力を持つようなものを指します。自社がどんな理念を持った企業であり、何を目指していて、就業者にはどんなメリットがあるのか…といった詳細な情報を、個性的に表現していくようなものです。
 こう定義すると、オウンドメディアリクルーティングとはなんと面倒なものなんだろう…と身構えてしまうかもしれません。結果、「ウチにはまだ必要ない…」と判断される企業も多いようです。しかし、ちょっとお待ちください。弊社が提供する「ラクリエ求人」を使えば、基本的なオウンドメディアリクルーティングを、プログラム知識を必要とせず、ごく簡単にスタートさせることができるのです。簡単に始められるとはいえ、そんなに焦って始める必要もないのではないか…? そうお考えのアナタに、オウンドメディアリクルーティングを一刻も早く始めるべき理由をお伝えしてまいります。1日でも早くスタートした企業こそが勝利を手にする法則が、ここにあるのです。

オウンドメディア成功のための3条件

 そもそも、オウンドメディアリクルーティングを成功に導くためには、どうすればいいのでしょうか? その成功条件はたくさんありますが、ここでは主要な3点をお伝えしていきます。

(1)充実した内容を心がける
せっかくのオウンドメディアリクルーティング。求職者に、自社の魅力や武器を存分に伝えられるチャンスですから、なるべく多くの、意義のある情報を伝えていきましょう。通り一辺倒な伝達事項だけでは、オウンドメディアリクルーティングの意味がありません。

(2)求職者にアピールできる原稿を書く
見出しに始まり、各種文章、募集要項、応募のしかたに至るまで、あらゆる原稿は求職者の立場になって、分かりやすく、印象に残り、共感を得やすいものを書きましょう。応募数の増加や拡散につながる重要な要素です。

(3)SEO対策を十分にする
SEO対策とは、検索エンジンの検索結果表示において自社コンテンツを上位に表示させるための対策のことです。「Googleしごと検索」やIndeedでの検索結果で、自社の求人情報がどのくらいの位置に表示されているかに注目しましょう。当然ながら上位に表示されれば閲覧数は増えます。下位にばかり表示されてしまう場合は改善を図り、PDCAを回しつづける必要があります。

 これら1つ1つを着実にクリアしていく必要があるわけですが、すでに多くの企業がオウンドメディアリクルーティングを積極的に行ない、成果を上げています。ただ、どんな企業も最初からいきなり完璧だったわけではありません。多くのトライ&エラーと、知見の蓄積を経て成功に至ったわけです。つまり単純に「早く始める」は、それだけ「早く結果を出す」につながることはお分かりいただけるかと思います。

3条件は「早期スタート」でクリアする

 さらに、前項で述べた(1)〜(3)において、早く始めることがどう有利に働くかを見ていきます。

(1)助走期間を十分に設ければ内容を充実させられる
まずどんな内容を、どのように伝えるか…という企画段階で時間をとって十分に練ることをおすすめします。急ごしらえのページは求職者が見ればすぐに分かりますし、決して彼らの心をつかむことはないでしょう。また充実したページ内容を実現するには、社内の様々な部署と連携する必要も出てくるはずです。そのための調整時間を確保するためにも、早くスタートすることには大きな価値があります。

(2)時間をかけて自社に適した「いい原稿」を生み出す
求職者の心をつかむ原稿がいいとはいえ、ウソや誇張を書いてはいけません。あくまで現実に則している必要がありますし、また企業によってカラーも違えば、応募してくる人のタイプも違うはずです。つまり、企業にはそれぞれに最適な原稿があり、1つの定まった正解があるわけではないのです。はじめはつたない原稿でも、社内・社外からの意見を聞いたり、応募状況を見ながら改善していくことで自社に最適な原稿に近づけていくわけで、これらは時間をかけるべき作業です。早く始めれば、早く良い原稿に近づくことができるでしょう。

(3)SEOには試行錯誤と実績が必要
そもそも、SEO対策は記事を公開しなければ始めることができません。そういう意味では、すぐにオウンドメディアリクルーティングを始めなければお話にならないわけです。SEO対策は「試行錯誤」とイコールであるとも言えます。原稿的にもプログラム的にも、結果を見て、改善して、また結果を見て…の繰り返しですから、近道がない分、早く始めた方が有利です。また、早く始めてクリック数を蓄積させておけば、検索エンジンから優良な情報であると判断され、SEOで有利に働くとも言われています。

 今回は、オウンドメディアリクルーティングを「すぐ始めるべき理由」をお伝えしてきました。導入に迷っている企業様の、1つの判断材料になれば幸いです。また、オウンドメディアリクルーティングをすぐに始めるなら、「ラクリエ求人」をご検討ください。月々5000円の低コストで、特別な知識を必要とせずどなたでも簡単に、オウンドメディアリクルーティングの第一歩を踏み出せます。始めるなら今、です!

《関連記事》

ラクリエ求人とは


自社求人の時代が来た!「オウンドメディアリクルーティング」を知る  〜次世代求人の最大キーワードに注目〜


「オウンドメディアリクルーティング」をやるべき理由が分からないアナタへ 〜自社メディア求人の価値〜


中小企業こそ「オウンドメディアリクルーティング」の実践を 〜会社規模に関わらないメリットの享受〜


コラム一覧へ戻る